« 安売りしてますよ!! | トップページ | ふぅ。 »

2010年11月 4日 (木)

トラウトフィッシングを選んだ理由

ちょっと書いてみたくなったことを書いてみました。

なぜ、様々なジャンルがある釣り方の中で

なんでトラウトフィッシングなのか

というのを書いてみたいくなったので書いてみました。

まずは、魚の綺麗さですね

これは管理されている釣り場ならでは、だと思います。

実は私、トラウトフィッシングを本格的に始めてまだ、8ヶ月ぐらいです。

幼い頃から、釣りはしていました。

それはもう・・・あらゆるジャンルを経験しました。

その中でも、自分はトラウトフィッシングにのめり込んでいきました。

今では、ポンド系以外にも冬季釣り場さんにも何度か行きましたし、渓流を模した管理釣り場さんにも行きました。

もちろん、自分にとってトラウトの聖地、魚野川水流や北海道、NZにも将来は行きたいですね。

そういう場所では、魚はとても綺麗です。 色、鰭など季節や時期によって色が全く違うのも魅力のひとつですね。

次は、アングラーとして惹かれます

思うようにいかないこと。

魚が警戒して中々釣れないこと。

周りが釣れていない時、釣れた時のしてやったりというのも魅力ですね。笑

3つ目は、ロケーションですね

行くだけで楽しい場所っていうのが、人それぞれあると思うんです。

夢の国だったり、遊園地だったり、自然だったり

それぞれですよね。

自分にとって、それは自然の中でもトラウトがいる場所なんですよ。

だから、ロケーションにこだわって管理釣り場さんを選ぶし、

釣果だけを考えないようにしています。

大きさではなく、綺麗さが1番だと思っています。

4つ目はけして、釣り人の腕だけではなくて道具に助けられて釣りをするのは

とても楽しいです。

なぜなら、ふいに大物が掛かったら...

なんてこともあるので、道具と一体になれるのはトラウトフィッシングにとって重要だとも思います。

最後に、

魚と一体に成れたときに魚が釣れる気がするんです

俺は、今こういう風に思ってるんだけどお前はどう?

興味もった? ちょっと遊ばない?

みたいな・・・女性を口説いてる感じですね。 笑

言葉は通じなくても、ひとつの竿、リール、糸、ルアーを通して魚と会話をする。

これが、釣りを魅力だと思います。

もちろん、中々出会えない魚もいます。

ニジマスが多く居る中で、やまめや岩魚、アマゴ、ブラウントラウトなどを釣ると嬉しくなります。

もちろん、ニジマスも釣れれば嬉しいです。

長くなりましたが、最後にまとめたいと思います。

日常ではまったく味わえない別世界。

そこに自分がいて遊ばせてもらっている

その喜びは釣りをやってない人には分からないです。

これは、大げさかもしれませんが釣りにいけば行くほど、

心が豊かになっている気がします。

ただ釣りをするんじゃなくて、植物や小動物を見たりするんですね。

それに感動できる心は釣りを本格的にはじめる前は無かったですね。

ここまでくると、もうトラウトフィッシングは人生の一部ですね

これがないと自分ではないですね。

もしなかったら、自分の人生はつまらないものだと思います。

それぐらい、今も昔も未来もトラウトフィッシングは自分と共にあると思っています。

これからも、釣り記事Genteをよろしくお願いします。

>>にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ

« 安売りしてますよ!! | トップページ | ふぅ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366411/37521264

この記事へのトラックバック一覧です: トラウトフィッシングを選んだ理由:

« 安売りしてますよ!! | トップページ | ふぅ。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • Genteのつぶやき

Are you Alice?

  • Are you Alice?
無料ブログはココログ