« フックの向き | トップページ | 次回釣行予定日と候補地が決定。 »

2010年8月 1日 (日)

フックの向きについて。 その2

みなさん、ごきげんようhappy02

土日、釣りに行きましたか

私は、なんと・・・

釣りの予定すら立ててません。

このごろ、もぉ・・・ね・・・

なんかこう・・・

だぁ~おら~crying(アクセル全開&ポンピングブレーキしてるときにアクセル全開)

てな感じで、精神的にやられてる日が多かったからです。

そんな中、前回の記事にも書きましたが検証する前に色々考えてから行こうと思います。

いわゆる、仮説ってやつです。

仮説の段階や結論のときは、いろんな人の答えが知りたいのでコメントやメールをもらえると嬉しいです。

今回の目的は、表層リトリーブ時のリアフック(糸をつける方とは逆に針をつける)の向きについてです。

今、トラウト釣りは他の季節以上に表層を意識して釣りをする方が多いと思います。

それは、エリアフィッシングの魚が餌をもらうのとは別に、本来の餌。

昆虫を食べて成長することが多いのです

(まっ、ちょっと小腹が空いたからお菓子程度という感じでしょうか。お菓子食べると身体かある意味大きくなるのはどの世界でも変わらないのですね。)

プールや湖状の形をしているエリアフィッシングは、学校のプールを掃除する前の状態が常に続いていると考えて頂ければ良いと思います。

そのプールで夏ですから、視認できるぐらいの大きな水中昆虫を生息し、食べられてるわけです。

当然、昆虫を模して作られているフライフィッシングは大きなフックのフライがメインとなります。

そこで・・疑問その1

ルアーとフライのフックの向きが違うのはなぜか。

疑問2

もし、ルアーを下向きにしたときの利点は?

この2つ以外は、疑問に思っても却下です。 笑

まず、疑問その1に関しての仮説ですが

昆虫を模しているわけですから、当然フックもその形・骨格!?に模したものになります。

なのでジグヘッドやルアーのような丸みを帯びたものまであります。

No_c16 No_c41

当然、沈めるためには重りをつけてるのですが大体は、アイ(糸を通して固定する穴)のほうに重りをつけるため前のめりで沈んでいきます。

昆虫も人も眼があるほうに進むのは変わりません。さらに、フライはフックにアレンジを食らえるためにどうしても針先が下向きになります。

一方、ルアーは表層からボトムまでを考えられているわけです。

さらに、フライに比べて針が比べ物にならないくらい大きい

よって、フライと同じ向きにすると根掛かりが倍以上に多くなります。

なので、フライと違いルアーは針先が上向きなっていると考えました。

疑問2ですが、プラグで考えると上向きが良いそうです。

1357341642 OZ永井さんHP

2010年04月15日(木)

5月発売 アタックカラーの解説より引用

詳しい解説は、HPにて。

スプーンでは、以前師匠に聞いたことがあるのですが・・・

フォールを多用するなら、針は下向き。

(このときのフォールは、ラインを張った状態のキックバック方式)

横引きするなら、針は上向きがフッキング率も良いよ

ほぉ・・・とその場では納得。

ここは、労を惜しまず釣り方で変えるのが良いのかな

と考えていますが・・・

表層に関しては、横引きですので針は上向きが有効ということになります。

そんなわけで、表層で上向きが有効なのか確かめに行ってきます

ゆーじんさん、検証結果は、ちょっと待っててください。

当分、行けそうに無いかも・・・笑

>最後に、Are you alice ? という言葉にピンときたら、メールよろしくsign03

>にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村

>

« フックの向き | トップページ | 次回釣行予定日と候補地が決定。 »

コメント

Genteさん、こんばんは!
飲み会帰りでこんな時間にコメントですcoldsweats01
しかし管釣りってのは奥が深いですよねshine
フックの向き一つでも考えることがたくさんある…
ほかにもライン、ロッド、ルアーなどなど…
これだからやめられませんsign03
そしてお金が足りないsweat01(笑)


検証結果は楽しみに首を長くして待ってますのでsmile

あ、今回の記事は参考程度なんてことなく、とても勉強になりましたup
師匠と呼ばせていただくかもsign02(笑)

ゆーじんさん、コメントありがとうございますsign03

この時期の飲み会は、いろんな面で大変かとは思いますが楽しんでくださいshine

私は、お酒弱くてあまり飲まないので・・笑

そうなんすよね・・

釣具業界では、フック(針)にこだわる人は超一流になれるとかいうほら話を師匠から聞いたので・・・

そんなら、拘ってみようじゃないのsign03ってことで2つ続けて書いてみました。

フックの記事は、師匠との話の中ででてきたものが多いので、師匠ではなく兄弟弟子ということで。。。笑

検証は、できれば金曜に行い土日で記事を上げたいなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366411/35980573

この記事へのトラックバック一覧です: フックの向きについて。 その2:

« フックの向き | トップページ | 次回釣行予定日と候補地が決定。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • Genteのつぶやき

Are you Alice?

  • Are you Alice?
無料ブログはココログ